作成者別アーカイブ: frdkiⅢ

こんにちわ!弐号さん。

こんにちわ!弐号さん、 これからも どしどし 投稿お願いします。 今日まで 15,16,17日と五反田の骨董市に出店して来ました、懐中時計に興味ある方は 新しく数人知り合いましたが 日頃 目にする機会も無く 色々な懐中時 … 続きを読む

カテゴリー: 古時計Ⅲ | コメントをどうぞ

こちらも 久しぶりの 投稿で~す

ただ今 1888年の Illinois イリノイ 銀ケース 鍵巻き 修理に来たのですが{時分の針がブラブラ⇒⇒⇒2番車の芯(分針の付く軸 筒カナのハマるシャフト)が 折れていました} 使えそうな 部品は無いので ほぞ継ぎ … 続きを読む

カテゴリー: 古時計Ⅲ | 1件のコメント

イギリス 1896年 銀側 イングリッシュレバー脱進器

イギリス 1896年  銀側 イングリッシュレバー脱進器        1850年頃より以前の鎖引きの後の物で鎖と円錐車が無くなっています、円錐車に付いていた歯車が直接ゼンマイの入った香箱に付いています、(外見も 機械の … 続きを読む

カテゴリー: 懐中時計 | コメントをどうぞ

ワンダラー ウオッチです

左が INGERSOLL  triumph   made in  GTbritainn(文字盤表記) 1950~1970年 右が WESTCLOX scotty  MADE IN USA(文字盤表記)  1960~198 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

出来た!

やっとこ日本語をインプットできるところを探しました。 方法が悪かっただけかしら?? いろいろ無いキーもあるので変な文は仕方無し。 サー来ましたイングランド。 宿はいつものベイズウォータ近く。 どうも今回はここまでのところ … 続きを読む

カテゴリー: Ⅰ号日記 | 1件のコメント

ようこそ! コメント なんでも よろしく!!!

古い時計、懐中時計、等に 興味のある方 皆の 遊園地 です 懐中時計は 1600年 前後に らしき物が できていた様です。 それ以前は 置いておく 形 でした。   、おおまかに 分けていくと 1600年とそれ以前は ま … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

出発準備、未完了。

昨日のツケはなんとか払いきりました。 完全ではないけど時計の形には戻りました(笑)。 今日は「手に着」いたのでやっちゃってもよかったんですが、 明日から出張なのでナンヤカンヤの準備他で時間をとられるんで 早めに切り上げま … 続きを読む

カテゴリー: Ⅰ号日記 | 1件のコメント

Enana day

何をするにも調子の良いとき・悪いときってありますよね。 時計をいじってても不思議とサクサクいくときもあれば、 何をしてもうまくいかない、手に着かない日もあります。 今日は後者のようです(笑)。 昨日上げた写真の時計は脱磁 … 続きを読む

カテゴリー: Ⅰ号日記 | 1件のコメント

解決しました。

ヤハリご指導の通り、正解は「そのまま香箱受けを外す」でした。 そしたらその下からあまり見たことのないパーツが出てきました。 勉強になりました。 ありがとうございます。

カテゴリー: 業務連絡 | 1件のコメント

助けてアーキー!

巻芯抜けないッス。 これとこれです。 ね? ネジないでしょ?こちらが裏で、 こっちがオモテ。 文字盤を外したところです。

カテゴリー: 業務連絡 | 1件のコメント