ワンダラー ウオッチです

左が INGERSOLL  triumph   made in  GTbritainn(文字盤表記) 1950~1970年

右が WESTCLOX scotty  MADE IN USA(文字盤表記)  1960~1980年

インガソルは ゼンマイは 簡単に 交換できますが 他の部分が 一体止めの為 分解組み立ては 普通の 懐中時計よりも 大変です。

ウエストクロックは リベット留めなので 分解 ほぼ不可能、

どちらも 安値で買えるように 軽い作りです (ウエストクロックの方は リベットで カシメられていて 使い捨ての様な 作りです)

どちらも 初めは ダラーウオッチ(1ドル) から 始まったようです、 そのため ウエストウオッチを使って ジッポ ライター(こちらも初めは1ドルでした)と 同じように 商品ロゴや絵など描かれている物も 多くみられます、 これにはよく ディズニーのキャラが描かれていて デイズニーグッズマニアのコレクターアイテムにもなっているようです。

簡単な作りの為 又 安い物だったので逆に 今では良い物が 少なくなっている?かもです。

(個人的知識なので 誤りその他の情報など有りましたら 教えてください)  

                              古時計Ⅲ

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>