USBマイクロカメラ

私が懐中時計を撮影する時に使っている小道具を紹介します。 全体を撮影する場合はCANONのSX100ISというコンパクトカメラ(結構旧い)を使用しています。 コンパクトにしてはレンズがデカイので接写の使い勝手が良いです。 更に微細なものを撮影する場合は接写専用のペン型マイクロカメラを使用しています。 ディスカウントショップで似たようなものが3000~10000円くらいで売られていますが、性能はどれも似たり寄ったりです。 先端にライトが付いておりOn-Off可能、押しボタンでシャッター。

ただしこのマイクロカメラというのは通常は焦点距離ゼロで設定されている(つまり本体を被写体に押し付けて使う)ので、時計内部のように奥行きのあるものを撮影する場合はちょっとした再調整が必要です。

カメラのレンズは回転しますので、これを反時計回りに回すと焦点は伸びます。 私が購入したUSBマイクロカメラはバラさなくても外側から爪楊枝でクリクリと回せますので(物によっては回り難くするため固くなっているものもあります)、現在は焦点をオリジナルより10mm程長く調整しました。

ちなみにマイクロカメラと普通のUSBのPCカメラは性能的には全く同じものです。 普通のPCカメラでもレンズを反時計回りにまわしていくと超接写ができるものが多いです。 ただし普通のPCカメラは光源が付いていないため、極度の接写状態にするとカメラ自身が被写体に影を作ってしまい暗くて撮影に向きません。 PCカメラはレンズが小さい為に通常はかなりの明るさを必要とします。

同じ理由でマイクロカメラの方も焦点距離をどんどん伸ばしていくといくらライト付きと言っても被写体が光源から離れれば影が出来てきます。 その辺は妥協の問題ですので焦点は本体から5mm~15mmくらいが限度かと。

弐号 の紹介

時計、テレビ、PC、冷蔵庫、洗濯機、家、車、船、飛行機、なんでも修理しますが、カメラだけは修理できません。
カテゴリー: 弐号日記   パーマリンク

USBマイクロカメラ への1件のコメント

  1. 1号 より:

    弐号さん!チョースゲーですね!
    弐号さんの加入でようやく師匠が作りたかったブログに近づいてきました!
    師匠!見てますか?よかったですね(感涙)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>