セイコー コロナデイト

今年の世田谷ボロ市にて購入した目覚まし時計。 コロナは全然珍しくないですが、デイト付きはあまり見ないので衝動買い。 箱に雑に放りこまれていた割にはガラスが割れてなくて幸い。 出したままなのかやらた汚い、錆びてる、オマケにノブはどれも硬くて回らないですが、文字盤はとても綺麗なので中は大丈夫かと。

とりあえず開けてみる。 時計側と鈴側の2つのゼンマイがあるが、鈴側のゼンマイがやたら巻きが少ない。 たぶん切れたゼンマイを交換せずに、短いまま取り付けたのだと思う。

ホコリと油汚れがすごい=動かなくなる、の図式。  ただ、逆に油つけ過ぎて錆びも来なくなっていたのは不幸中の幸い。 油は古くなりすぎてタール状ですし。

文字盤裏側。 デイト部分のパーツだけプラスチック製。 それ以外のパーツはほぼ通常のコロナと同じ造りのようだ。

プラスチックとテンプだけ外して丸洗い。 平たいとこが多いので筆の他に歯ブラシも使って汚れ落とし。

綺麗になりました。

日付、曜日の円盤を取り付けます。

文字盤と針を取り付けます。

とりあえずお尻丸出しの仮組みに状態にて動作確認。 、まだ未調整なのに1日/20秒という偶然にしては恐ろしい精度。 で。。。。。。これ打ってて思い出しました、テンプだけ洗うの忘れてた。(悔)

弐号 の紹介

時計、テレビ、PC、冷蔵庫、洗濯機、家、車、船、飛行機、なんでも修理しますが、カメラだけは修理できません。
カテゴリー: 弐号修理   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>