23石セイコー懐中を修理しました

今回の懐中はそれほど古くはない、というか腕時計と同じムーブメントの懐中です。 状態はというとゼンマイ切れにて不動の様子。 よって、同じムーブメントを持つ別のジャンクから香箱ごとゼンマイを移植することにします。

外装は違うものの中身は同じ5740Cというムーブメント。

 

香箱ごと移植して終わり・・・・・になるはずだったんですが、組んでみたら2番車までが回って3番車が回っていない!

 

 

3番車が軸から抜けてました。 たぶんゼンマイが切れた時に衝撃で抜けたのかもしれません。 幸い今回はパーツ取りジャンクがあったので難なく交換してしまいましたが、無ければちょっと面倒なことになるところでした。

弐号 の紹介

時計、テレビ、PC、冷蔵庫、洗濯機、家、車、船、飛行機、なんでも修理しますが、カメラだけは修理できません。
カテゴリー: 弐号修理   パーマリンク

23石セイコー懐中を修理しました への1件のコメント

  1. 古時計Ⅲ 参号です より:

    なんだかんだで、久しぶりの書き込みです、セイコーもシチズンも 中三針の19セイコー以来 懐中時計の機械は 腕時計の流用ですね。 Cal,No.5722は手巻きデート付きグランドセイコーに使われています, Cal,No. 5700は 同じ?原型の様ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>