100日時計を修理しました

フリマにて100日時計を購入、もちろん不動品。 海外では400日バージョンが一般的みたいですが、そちらは1年に1回、何かの記念日にだけネジ巻くという意味で俗にメモリアルクロックと呼ばれています。

とりあえずバラバラにして磨いてみる。 ケースのある時計と違って中身丸見えなので洗って油さしてだけでは終われない。 歯車1枚1枚をポリッシュするから大変。  歯車は真鍮に無塗装、ケースは鉄に金メッキ、なのに何故か玉は鉄に金塗装。 メッキじゃないので金玉は洗うと色が落ちる。

 

ポリッシュ後に組み立て。 ちなみに地板は真鍮なのだが酸化によるクスミ防止の為にクリアがコーティングされていた。 それでも経年によりコーティング下から黒いクスミが発生していたのでコーティングは剥がしてしまいました。しかたなし。

 

 

懐中に比べるとパーツが大きく中もスカスカなので組み立てはとても楽、油も組み立ててから注せますし。

ただ時間調整はタイムグラファーが使えないので半分解状態で気長に調整中です、たぶん数週間かかるかな~

 

弐号 の紹介

時計、テレビ、PC、冷蔵庫、洗濯機、家、車、船、飛行機、なんでも修理しますが、カメラだけは修理できません。
カテゴリー: 弐号修理, 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>