鉄ケースを黒染めしました

 

 

 

 

 

 

 

赤錆が出てしまった黒錆ケースを元に戻してみようかと思います。 モデルガン屋でスーパーブルーという黒染め液を購入。 元々はモデルガンを黒染め(ガンブルー)にする商品。

 

 

 

 

 

 

赤錆びた部分をワイヤブラシで除去したが、案の定ハゲハゲでみっともない状態に。

 

 

 

 

 

 

ガンブルーは塗った端からどんどん黒化して(錆びて)ゆく。 ただし磨く前は鈍い感じの黒色。

 

 

 

 

 

 

完全に塗ったあとは赤錆が発生しないように油を付ける。 その後にバフで磨く、磨きすぎるとまた剥げるので照りが出る程度で。 しかし完成後は元々剥げていた部分がはっきり判る程のブチ模様になってしまった。 びびらないで全部錆を落としてからやれば良かったと後悔。

 

 

 

 

 

 

ところが! 2ヶ月くらい過ぎたある日、手にとって見てみるとなんとブチが段々と消えている! 黒錆は塗装と違って徐々に皮膜が育つみたいです

弐号 の紹介

時計、テレビ、PC、冷蔵庫、洗濯機、家、車、船、飛行機、なんでも修理しますが、カメラだけは修理できません。
カテゴリー: 弐号修理   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>