キャリッジクロック洗いました

暫くUPしていなかったので枕時計を忘れていました、久しぶりの投稿です。

 

 

↑手前3番車の先が折れてありません、先っぽを作る必要があります。 2つある香箱の片方は裂けてご覧の状態なので上からスリーブを入れるかワイヤーで縛るかしないとなりません。

  

↑左は洗浄前 右は洗浄後。 とりあえず洗うより前に錆取りが大変。 ネジ類は洗浄後にお決まりの青焼き処理。

 

↑シリンダー式です。 天輪の下が真っ黒、ここだけ磨けないからなのかも

 

↑磨いたら真鍮色ではなく銀色、メッキがかかっていることも判らないくらい汚れてました。

PS 先が折れた3番車はホゾ継ぎで対応しました。 写真撮り忘れましたm(_ _)m

つづく。

弐号 の紹介

時計、テレビ、PC、冷蔵庫、洗濯機、家、車、船、飛行機、なんでも修理しますが、カメラだけは修理できません。
カテゴリー: 修理, 弐号修理, 懐中時計   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>