キャリッジクロックの歯車を試作しました

 

 

↑適当な材料が見つかったので欠品している3番車を試作してみる。 歯車はラジコンパーツ、軸はゴミとなった3.2mmのリューター軸。 旋盤でリューターのブラシ部分を落として使う。

 

 

↑歯車側のサイズの都合上、結構な量を切り出さないとならないので大変。

 

↑金色のが試作した歯車、肉抜きされているのがコピー元のオリジナル。 ラジコン歯車とオリジナルの径の差は0.2mm程 しかしこの僅かな差が痛い。 回るは回るんだけど、若干カクカクして滑らかさが無い、これでは駄目です~ 残念。

 

弐号 の紹介

時計、テレビ、PC、冷蔵庫、洗濯機、家、車、船、飛行機、なんでも修理しますが、カメラだけは修理できません。
カテゴリー: 修理, 弐号修理, 懐中時計   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>