時計付きラジオを直しました

40年位前の時計付きラジオを修理しました。 時計も不動だったので外してバラしてみました。 時計は単三1本で動く電磁テンプ式

タイマーが付いており、セットした時刻になるとラジオを鳴らせる仕組み。 短針は円盤状になっており、切り込みからアラーム時刻が見える、ミステリークロックに似た機構。

ラジオは日本製だが時計はスイス製7石、かなり大きなコイルを持つ電磁テンプ。 動きが悪いのでテンプ外して注油。 トランジスター等を使わない電磁石だけの方式の特性なのか電池入れたら弾みをつける為に振らないとテンプが起動しない

弐号 の紹介

時計、テレビ、PC、冷蔵庫、洗濯機、家、車、船、飛行機、なんでも修理しますが、カメラだけは修理できません。
カテゴリー: 弐号修理   パーマリンク

時計付きラジオを直しました への1件のコメント

  1. 古時計 Ⅲ より:

    いつも 更新 ありがとうございます。
    2号さんの 得意分野ですね。 見てみたいでーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>